今回はブログで使用するテンプレートについて紹介します。テンプレート選びで迷ってるなら、この記事を読んでみてください。

テンプレート?とは、ホームページのデザインやレイアウトの雛形のことです。



テンプレートについて


serarin3.jpg

テンプレート


利用しているブログサービスのテンプレートから選んでください。ブログの用途に合わせて選択するのがオススメです。

日記を書く?、特化型サイト?、アフィリエイト?、何をするのかでテンプレートのデザインやレイアウトを考えて決めます。

無料テンプレートで満足できないなら、各機能が強化されてる有料テンプレートもオススメ。基本的にはアフィリエイト向けです。

セラリンは『カエテンジョイ』という無料ブログ向けのテンプレートを購入しました。

カスタマイズ


テンプレートを自分でカスタマイズするのは、難しいのでオススメしません。文字の大きさやカラーを変更するだけでも大変です。

最初から必要な機能が揃っているテンプレートを選んでください。レイアウトとデザインが気に入らなくても、後から調べて変更することはできます。

テンプレートの「HTML」とか「CSS」を調整してください。

セラリンもカスタマイズに関しては素人なので、設定も簡単な有料テンプレートを使用してます。

全文表示と要約表示


serarin5.jpg

全文表示


トップページに全ての記事を表示するデザインです。個人的にオススメしません!。

長文で画像を使用して全文表示にすると、全体的に重くなってしまったり、他の記事が読みづらくなったりもします。

文字数が少なく画像も使用しない記事が中心なら、使えないこともないとは思いますが、少し時代遅れの古い感じはしますね。

ブログサービスによっては、今でも全文表示のテンプレートが多いとこもあります。

要約表示


トップページにサムネイルと文章冒頭のテキストを表示するデザインです。基本的に要約表示を選択するのがオススメです。

記事を探したり読んだりするのが楽になるはず、日記から特化型サイトにアフィリエイトまで、どのテーマでも使えるはずです。

セラリン通信で要約表示タイプを使用してるので、これを参考にしてください。

レスポンシブ機能


serarin4.jpg

レスポンシブについて


「レスポンシブWebデザイン」とは、パソコン、スマホ、タブレットなどの画面サイズの異なるデバイスに合わせて、自動で表示を調整してくれる機能のことです。

スマホからブログに遊びにきてくれる人も多いので、レスポンシブのデザインは重要なんです。

設定方法


利用しているブログサービスで設定方法が違ってくるので、レスポンシブが機能しているか確認してください。

例えば「FC2ブログ」なら、個人設定からスマートフォン版の表示設定を無効に変更します。レスポンシブ対応のテンプレートの使用を忘れずに。

オススメのレイアウト


serarin6.jpg

ブログの用途に合わせてデザインと機能を選択。特化型サイトとアフィリエイト向けで紹介、普通の日記ブログにもオススメです。

デザインとカラー


できればシンプルなデザインがオススメ、カラフルすぎると目が疲れるのと、文字が読みにくいので注意してください。

カラーはメインとサブも含めて3色程度、記事の文字は黒色、背景色は白が見やすいです。

カラム数


デザインとしては2カラムがシンプルで見やすくオススメです。

3カラムの場合は雑多なイメージで見た目もごちゃごちゃするので、サイドバーに何を表示させるのかで選択してください。

サイドバー


サイドバーは右側がオススメです。コンテンツ(記事)が左側で読みやすくなるので、普通ならこの配置で問題ないです。

アフィリエイトリンクをサイドバーに貼り付けるなら、左側にすると目立ちますが、逆効果になる場合もあります。

グローバルナビ


各ページに設置されるサイト内の案内メニューです。特化型サイトやアフィリエイト向け、ヘッダーに設置するのがオススメです。

日記ブログなら無理して設置する必要もないです。

パンくずリスト


サイト内のユーザーの現在位置がわかりやすくなるナビゲーションです。ページの上部に設置するのがオススメ、でも下部でも問題ないです。

ユーザビリティの向上にも役立つので必ず設置してください。

その他


ページトップに戻るボタンを右下に設置してると便利です。

もし条件が揃うテンプレートが見つからない場合は、少し難しいけど自分でカスタマイズして、例えばグローバルナビやパンくずリストを設置することもできます。

有料テンプレートにする選択肢もありますので、悩んでるなら考えてみてください。

最後に、どのテンプレートを使用するにしても、古すぎるものはレスポンシブなどの機能がないかもしれないので、なるべく新しいものから選んでください。
タグ