『アドセンス(Google AdSense)』について、申し込みから合格まで、審査で注意するポイントを紹介していきます。

【最終更新2021年】セラリンも複数のブログで合格したので、参考にしてみてください。



アドセンスについて


AdSense.jpg

Googleアドセンス


サイト運営者向けのサービスで、クリック報酬型の広告から収益が得られるシステムのことです。

セラリンのような初心者にはアフィリエイト(成果報酬型)と比べても簡単でオススメ、興味があるならアドセンスから始めてみましょう。

禁止事項


「暴力・犯罪・アダルト・ギャンブル・アルコール・タバコ・ヘルスケア・ドラッグ」などのコンテンツが禁止です。

詳しくは(必ず)アドセンスの規約を確認してください。規約違反と不正行為には厳しいので、グーグルに怒られないように注意しましょう。

申し込みから審査まで


serarin-4.jpg

アドセンスに申し込む


  • グーグルのアカウント作成後、アドセンスにログイン

  • 申し込み画面からブログのドメインとメールアドレスを入力

  • 表示されたコードをコピー、審査を受けるサイトのテンプレート「HTML」に貼り付ける

  • 報告して完了するとアドセンスの審査開始

(注意!、利用しているブログサービスによっては、コードの貼り付け場所が違います。)

アドセンスの審査期間


審査開始から合格まで数日程度です。合否のメールは登録したメールアドレスに送られます。

審査中でもブログの記事は更新してください。何もしないのも暇だと思うので、もちろん結果が出るまで放置しても問題ないです。

(これ時期によっては難しかったり簡単だったりします)

審査で注意するポイント


serarin-3.jpg

審査で重要かもしれない?、注意するポイントを紹介します。参考にしてみてください。

独自ドメイン


審査に申し込むのに必須ではなく、現在は一部の無料ブログのドメインでも可能です。申し込めるか試してみてください。

でも本気でブログを始めるなら、先に独自ドメインを取得するのがオススメです。ドメインとは長い付き合いになるので、後悔しないよう慎重に決めてください。

テンプレート


審査に影響するかは不明ですが、広告サービスやアフィリエイトに向かないデザインもあります。

レスポンシブ、パンくずリスト、グローバルメニュー、なるべくシンプルでパーツが揃っているデザインのテンプレートを選択してください。

審査用の記事


個人的に【最低5から10記事】は必要だと思います。内容が短すぎないように意識して、審査用とか関係なく普通に記事を書いてください。

目次や見出しを使用して装飾すると、記事の質も上がると思います。

記事が多いと不合格になった場合、どれが原因なのか特定するのが難しくなります。今から始めるなら記事が少ないうちに、審査に申し込むのがオススメです。

(セラリン通信は5記事で合格、これ時期によっては日記でも簡単に合格します)

使用する画像


記事に画像を使用しても問題ないです。暴力やアダルトには厳しいので、誤解されるような変な画像は使わないようにしてください。

自分で撮影した画像とかフリー素材が安心でオススメです。著作権には注意してください!。

無料ブログの広告


ブログに表示されてる関係のない広告は、審査中は消すようにしてください。

例えば有料プランに加入して非表示にするなど、他の広告が表示されてる状態で合格した話を知ってますが、消しておくのがオススメです。

アナリティクス


『アナリティクス(Google Analytics)』は高性能なアクセス解析ツール、サイト訪問者のデータやアクセス数を調べるのに便利です。

審査に影響するかは不明ですが、無料で利用できるので試してみてください。

プライバシーポリシー


サイトのプライバシーポリシーは審査前から記載しておきましょう。

コピペでも問題ないので、セラリン通信のプライバシーポリシーを参考にしてください。コピペするなら管理人の名前と、グーグルのリンク先に飛べるように修正してください。

メールフォーム


管理人への連絡先としてメールフォームも用意してください。

広告の設定方法


serarin-5.jpg

無事に審査を合格できたら、次は広告の設定をしましょう。

自動広告の設定


審査で貼り付けたコードは自動広告の設定です。テンプレートの予期せぬ場所に広告が表示されたりする場合もあります。

自動広告が嫌なら貼り付けたコードを削除して、アドセンスのメニューから新しい広告コードを作成して貼り付けてください。

広告の種類


いろんな広告タイプを設定できますが、初心者は「ディスプレイ広告」がオススメです。

広告サイズを指定した場合は、その大きさ以上の広告は表示されなくなります。それ以下のサイズは表示されます。

レスポンシブ広告」にして画面に合わせてサイズを自動調整することもできますが、広告が大きくなりすぎて表示されたりと、扱いは難しいので注意してください。

正しく設定できるならレスポンシブ広告はオススメです。

広告のラベル


広告上部に「スポンサーリンク」または「広告」と表記するかは、お好みで選択してください。これ以外の表記は禁止です!。

広告ラベルは必須ではないので、表記しなくても問題ないです。

広告の配置


広告を表示するオススメの配置は「記事下」「記事中」「サイドバー」です。

記事の内容や文章の長さで、広告の数を調整してください。

現在は広告を表示する数に制限がありませんが、多すぎても邪魔になるので注意してください。広告の影響でテンプレートのレイアウトが崩れないように!。

最後にこれだけは忘れないで、広告の少なさは読んでくれる人への優しさなんです。
カテゴリ
タグ